大アルカナ21番世界のカードには月桂樹に囲まれた女性と四隅に四聖獣が描かれています。「世界」は完全性の象徴です。そして彼女は完璧に調和した存在で運命を達成しました。また両手にバトンを持ち宙を舞う様子は自由の象徴でもあります。
このカードを引いたときに得られる高揚感は彼女の満ち足りたビジュアルによるのでしょう。この記事ではタロット占いをよく活用している筆者が、シチュエーション別にタロットカード世界の意味を解説します。

ライター/asano☆naomi

6歳から星占いを始める。長い趣味歴を経てプロを目指す筆者が楽しくお話します。

【世界】はどんな意味を持ったカード?

image by iStockphoto

大アルカナ最後のカードである世界は物事の完成・達成を表します。イラストの女性の満足した表情にこちらも祝福を送りたくなりますね。また世界の完成ということで、隠者のカードで解説したような世界観の構築に成功した状態でもあるのです。

総合的な意味:最終的にはうまくいく 

image by iStockphoto

世界のカードに到達するには他の20枚のカードを経なければなりません。その中には豊かさや幸福感のあるカードもあれば悪意や破壊、死を意味するカードもあります。つまりそれらを経験した先に一つの完全な世界が創造されるのでしょう。そしてまた私たちは愚者の0の世界へと輪廻していきます。

正位置:達成するには 

イラストや写真のような切り取った静止画だけを見ると、その人物や状況に何も問題がないように思えます。しかし実際の背景は違うでしょう。いろいろあることが現実ですね。繰り返しになりますが、世界のカードもそこへ到達するために良くも悪くも様々な過程を経ています。ですので喜ぶときは喜んで、あとは挫けないことが必要です。

逆位置:達成しないとき 

世界のカードが逆位置になるとやはり良い意味にはなりません。物事が中途半端になったり、未完成のまま崩壊したりします。そうなってしまう理由はいろいろですが、だからといって白紙や終わりにせず小さな再生を繰り返していくことで、最終的に願望を成就することができるのでしょう。

【世界】正位置の各解釈は?

image by iStockphoto

世界は最初から世界なのではなく長い距離の先にあるゴールなので、いずれにしても努力や困難を乗り越えてきた結果といえます。そのためある意味で怖いのは突然ワールド(世界)の状態になってしまうこと。身に覚えのない幸運のようなものは、ぬか喜びせずに落ち着いているほうが良いでしょう。

正位置の<恋愛>の解釈:おめでとうございます!

たいへん喜ばしい状況です。あなたの願いはきっと叶うでしょう。おそらく願望達成のために様々な努力や経験をされてきたことと思います。恋愛ですのでその方面についてはかなりのレベルでは?世界のカードの女性も天使のように魅力的ですので、あなたもそのような方かもしれませんね。

そして質問が結婚ならそのまま幸せな結婚ができるでしょう。復縁ならそれも叶うと思います。相手の方の気持ちはあなたのものでしょう。出会いについては自分史上もっとも良い機会が期待できそうです。

正位置の<仕事>の解釈:よくがんばりました!

仕事においても大きな成功を収めることができそうです。たとえば長い時間がかかる案件や複雑な処理を要するもの、一度うまくいきかけたものの頓挫したことなどからようやく解放されるでしょう!そしてこの仕事の完成から次の仕事の発展へとさらに続いていくはずです。

また転職を希望されているなら、こちらもうまくいくでしょう。世界は叡智も表しますので、どうすれば望みを叶えられるかご自身でよく考え準備をされたのではないかと思います。成長を感じられるときです。

次のページを読む
1 2 3