かに座

繊細で、同情心・愛情がある

感情が豊かで繊細な、かに座の人を支配しているのは、感覚です。

支配星の月が潮の干満を支配しているのと同じように、感覚があらゆる感情を支配しているのです。

そして深い海のような力強さと、人影のない浜辺に一匹たたずむ、かにのような繊細さを持っています。

また、かにが身を守る固い甲羅を持っているのと同じように、繊細さと用心深さをシャイで控えめな顔の裏側に隠しています。

しかし、これを弱さの証と考えてはいけません。

殻に閉じこもっているかのように見えても、実はその間に力を回復しているのです。

優しく思いやりが深いかに座の人は、人のために何かをしたいという気持ちが強く、よき親となり、弁護士、療法士などに向いています。

愛する人を守ろうという非常に強い意識を持っているため、どのような犠牲を払ってでも守ろうとします。

かに座の人が望む安定の中心に家庭と家族があるのも当然のことなのです。

また、美食家で腕のいい料理人が多いのも特徴です。彼らは、冷凍専用庫がないと不安になってしまう程です。

   

気分はさまざまに変動しますが、とても愛情豊かな性格です。

しかし周りの人を愛し、守ろうとするあまり、愛する人をがんじがらめに縛りつけてしまうことのないように注意が必要です。

かに座は、水の星座です。かに座の人は、とても恥ずかしがり屋で、感傷的。昔の古いものに対する愛着が強いので、熱心な収集家になります。

彼らが収集するものは、例えば代々伝わる宝物や骨董品から写真や手紙などの思い出の品まで、実にさまざまです。

また、お金を管理する能力にも長けており、万一に備えて熱心に貯蓄に励みます。

性格は、とても複雑。非常に強い人間のように見えたかと思うと、傷つきやすい子どものような顔をみせます。

強い月の影響は、直感力となって表れています。豊かな想像力ときめこまやかな理解力は、芸術などの創造的な表現活動に向いているでしょう。

自分の心をさらけ出せるような、信頼できる相手とめぐり会ったら、驚くほどの強さを発揮し、献身的に相手を守ります。